IT派遣の切替など特定労働者派遣事業からの切替・許可申請代行サービス

IT派遣の切替など特定労働者派遣事業からの切替・許可申請代行サービス

9月29日までに申請書を受理してもらえれば、平成30年9月30日以降も、(その申請について許可または不許可の処分がある日までの間は、)引き続き特定労働者派遣事業を行うことが可能です。

経過措置期限となる9月末日まで残り僅かです。

メニュー

特定派遣(届出制)から 一般派遣 (許可制)へ 早期切替えを!

改正労働者派遣法の成立により特定派遣事業と一般派遣事業の区別が撤廃され、全ての派遣事業が許可制となります。経過措置として改正前の特定労働者派遣事業を営む事ができるのは平成30年9月29日までとなります。それ以降、労働者派遣事業を行うには、一般派遣 (許可制)への切り替えが必要です。
東京労働局HP

IT派遣などの切り替えのご依頼も増えております。是非、お気軽にご相談ください!

「労働者派遣事業」の許可申請は早期切替がおススメです。

☑ 混雑が予想される

平成28年12月現在、東京都内では約15,000社もの事業主が一般派遣 (許可制)の届出を行っていますが、経過措置3年目となる平成30年9月の許可申請はかつてない程の窓口混雑が予想されます。

☑ 労働者派遣事業は許可の定期更新が必要

労働者派遣事業は許可が出てから最初は3年、その後は5年毎に更新の手続きが必要です。
前述の経過措置期限の年度で更新した事業者は更新申請時期がずっと重なりますので、更新の度に繁忙期の手続きとなってしまいます。

「労働者派遣事業」の許可申請に必要な資料と手続き

お知らせ

2016年 12月 23日
特定労働者派遣事業からの切替・許可申請代行サース特設サイトをオープンしました。